CX-5_20121202132649

2014年のマツダで注目されているのが、小型SUVの「CX-3」だ。

マツダのSUVといえば、今人気爆発しているCX-5がありますが、その下のクラスとなる小型SUVがCX-3だ。

デミオと同じプラットフォームを使用するも、その面影はCX-5そのもののだ。

ライバル車は、フィットをベースにしたホンダのヴェゼルであることは間違いない。
ヴェゼルはハイブリッドを搭載を搭載しているが、このCX-3はハイブリッドの設定はなし。

アクセラに、ハイブリッドを搭載して人気を上げているのに関わらず、ここでハイブリッドを搭載しなかったのは、おそらくマツダの得意分野であるクリーンディーゼルで、他者との違いを出したかったからだろう。

たしかに、ハイブリッドは燃費が良く人気があるのは間違いないが、燃費とガソリン車にはない動力性能の備えたディーゼルはニーズがファンも多いのも事実だ。

2014年は新型のデミオに続き、このディーゼルのCX-3が市場に旋風を起こすのは間違いないようです。